〈コンサート動画のご案内〉

 

今回配信された動画は、公式YouTubeチャンネル「おぎチャンネル」にアーカイブされますので、リアルタイムでご視聴できなったかた方もぜひご覧ください。

 

おぎチャンネル(荻窪音楽祭公式YouTubeチャンネル)

 

 

〈御礼とご報告〉

 

おかげさまで第34回荻窪音楽祭は11月4日から7日までの4日間を終えることができました。この未曽有のコロナ禍のなかではありましたが、全国的な感染がいくらか落ち着いた時期に開催することができたことは幸運に恵まれました。ご参加いただいた皆さまに心から感謝を申し上げます。

今回の開催は10会場21公演ということで、コロナ禍以前と比較すれば3分の1程度の規模の開催となりました。主な理由として、3密回避、飛沫対策、感染者のトレーサビリティなどを定めたガイドラインにより、例年開催していた会場での実施が困難となったためです。特に、荻窪音楽祭の魅力のひとつである街角、野外や商業施設でのコンサートを行うことが出来なかったことはとても残念でした。そんな中でも会場提供いただいた会企画会場の皆様、自主企画コンサートで参加いただいた方々には感謝するばかりです。

今回の音楽祭ではオンラインでのコンサート配信を意欲的に実施しました。ミーティングシステムであるZOOMを活用した「第2回オンライン演奏会」を実施し、音楽を楽しむ時間を共有する喜びをオンラインで実現しました。ほかの会場においても「荻窪音楽祭の雰囲気を伝える」動画配信ができたことは今回の成果となりました。

荻窪祝祭管弦楽団を招聘してのコンサートも3回目となり、同楽団の成長ぶりも素晴らしく、音楽祭の大きな華となってくださいました。

4回目の実施となった「荻窪ユース・アンサンブルコンサート」は新型コロナの感染状況がまだまだ多かった8月から練習を開始しましたが、慎重な感染対策とサポートプレイヤーの献身的な指導で名演と言ってよい本番となりました。

また、子供がコンサートに参加できる企画として、「親子で楽しむコンサート」を3公演実施し、いずれも好評を博しました。

「みらい夢コンサート」は7回目の実施となりました。今年からNPO法人すぎなみ子どもサポート様の企画による「吹奏楽ワークショップ」に参加したオール杉並中学生バンドが舞台に参加してくれました。今年も南相馬市原町第一中学校の参加は実現しませんでしたが、ここでもオンラインによる演奏披露とZOOMによる交流を実現し、「いつまでもつながっていこう」というメッセージを発することができました。

引き続き、荻窪の街が住みやすく、住んでよかった街と思っていただけるような音楽祭にしてまいりたいと思います。今後もご支援よろしくお願いいたします。

 

 

サポーター会員募集要項

演奏者や運営協力者はすべてボランティアで進めており、地域に根ざしたこの会を維持、継続するには皆様のご賛同をいただき、サポーターの会員になっていただきたく、ご協力をお願い申し上げます。

【主催】「クラシック音楽を楽しむ街・荻窪」の会

【共催】杉並公会堂(株式会社京王設備サービス)/公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団

【後援】杉並区/杉並区教育委員会/南相馬市/南相馬市教育委員会/公益社団法人荻窪法人会/東京商工会議所杉並支部

【荻窪音楽祭事務局】〒167-0051 杉並区荻窪5-18-14 (株)興建社内  TEL.03-5347-0244(月〜金・10:00〜17:00)  FAX.03-3398-3650

 

 

© 2021 OMF